乳がんの原因

患者さんの負担が少ない治療がされています

乳がんになる女性はとても多いのですが、早期発見により完全に治すことも可能な病気です。 そのため定期的な検診が何より重要になります。 乳がんと診断されても不安がらずに、医師と十分にコミュニケーションを取り病気の理解と治療の進め方を納得していく必要が重要です。 医師もこの説明の時間を今までより、より詳しく分かりやすく説明するように心がけるようになってきています。 乳がんの治療の成功度は、手術時に全身への転移が起きているかどうかといわれています。 そのためしこりが比較的小さく、がん細胞の局所への拡がりが少ないとされる患者さんにはできるだけ乳房を温存するようにしています。 放射線照射や全身的な治療を組み合わせるなど、なるべく患者さんの負担をなくす治療がされています。

乳がんになりやすい要因の女性が増えています

乳がんになりやすいリスク要因としてあげられるのは、妊娠、出産経験がない方や出産後に母乳を与えられなかった方なども多くなります。 現代は結婚年齢が年々上がってきています。 それに伴い、高齢化出産になる女性も増えてきています。 出産率も減っています。 乳がんになりやすい女性が増える原因にもなっています。乳がんの発生が低年齢化されていることも問題です。 若い頃から、自分には関係のないことと思わずに定期検診には積極的に受けるようにすることがとても大切です。 また飲酒や喫煙、高脂肪の食事も乳がんになりやすい危険要因です。 出来るだけ避けるようにして健康な生活を送るようにしなければなりません。 若い方では乳がんのことをあまり詳しく知らない方も多くいます。 多くの方に知ってもらう事が重要です。