乳がん検診を受ける

自治体や職場のサービスを利用して乳がん検診を受けることも出来るのです

乳がん検診は、現在自分のライフスタイルに合った形で受診することが出来ます。例えば、各自治体が行っている集団検診です。このような検診の場合には、地域の保健センターや医療機関などで乳がん検診を行っていることが多いです。事前申し込みが必要な場合があり、年間の検診スケジュールなどを把握しておけば、乳がん検診が受けられます。お勤め中の方の場合には、勤務先の健康診断を利用するのも一つの方法です。オプションメニューとして乳がん検診を加えられる場合が多く、より低価格で健診を受診することが出来るのです。こうした乳がん検診は、個人で医療機関に出向き行うことも出来ます。医療機関によっては健康保険が適用にならない場合もあり、事前の確認が必要です。

検診を後押しする活動が行われています

乳がん検診は、現在様々な所でその重要性が取り上げられています。現在では海外でも活動する団体が、日本においてもこうした乳がん検診の必要性を説いており、様々な所でその活動を目にすることが出来るのです。乳がんは、早期発見出来るか否かが大きく命を左右すると言われています。非常に小さく転移などが起こっていない場合には、日帰り手術で乳がんを摘出出来ることもあるのです。こうした場合には、予後も良好なことが多く、がんの完治の目安となる5年生存率を楽にクリア出来ることが少なくありません。日本では海外に比べて乳がん検診の受診率が低く、時にこうした傾向が問題視されてきたのです。そのため、現在では活動団体や専門医などが中心となって、乳がん検診を広める取り組みを行っています。