最新治療法を利用

癌性腹膜炎にも積極的な治療の出来る療法があるのです

癌性腹膜炎が見られた場合には、複数のがんが体の中に転移していることが多いです。がんのステージとしては末期とも考えられており、一般的な抗がん剤での治療は難しくなります。こういった場合に、現在行われているのがNK細胞療法です。このNK細胞療法では、体の免疫力を上げることで生活の質やがんへの抵抗力を高めていくことが出来ます。NK細胞療法にかかる費用は自己負担となり、1回の治療費は約32万円です。通常は、3回から6回程度の継続的な治療が推奨されています。従って、6回行った場合の治療費は約180万円です。自律神経を整える療法やサプリメント療法などを併用することもあり、こういった場合には数万円の追加料金がかかります。

体に負担の少ない治療法として知られているのです

癌性腹膜炎の新しい治療法として注目されているNK細胞療法は、血液を採取するだけという体に負担の少ない方法で始められます。50cc程度の少量の血液で十分なため、体力を失うこともありません。癌性腹膜炎の症状がある場合、体の機能や気力も衰えていることが多いですが、NK細胞療法ではそういった面も緩やかに改善していくことが出来るのです。NK細胞療法では、採取した血液の中からがんを攻撃するはたらきを持つNK細胞を取り出し特殊な培養を行い活性化します。その後に体内に点滴などの方法で細胞を戻す訳です。こうすると活性化されたNK細胞は以前にも増したがんへの殺傷力を発揮して、体の免疫自体も向上していくとされています。従って癌性腹膜炎を改善へ導くことも出来るのです。